« ナミコオロギバチ | トップページ | シラサギ »

小さなショカツサイ

Syokatsusai

佐賀市大和町の実相院の広場の片隅に、ひっそりと咲いていた。

ショカツサイは諸葛亮孔明が、屯田の際に栽培を薦めたということから

付けられた名だそうだ。

毎年、数本が1mほどの丈になって花を咲かせていたが、

今年は地面にへばりつくように1本咲いているだけだった。

ツツジと共にケブカハナバチの蜜源になっていた。

|

« ナミコオロギバチ | トップページ | シラサギ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小さなショカツサイ:

« ナミコオロギバチ | トップページ | シラサギ »