« エントツドロバチの餌の搬入 | トップページ | ムネアカハラビロヒメハナバチ »

コガタウツギノヒメハナバチ

Kogatautsugi_20090523007b

後肢に花粉をつけて巣穴に戻る、コガタウツギノヒメハナバチ。

今年のウツギ(うの花)はすでに多くの木が開花している。

佐賀市富士町の263号線沿いにある神社の境内に、

多くの蜂が営巣している。

雄蜂も、地面を這いまわっている。

メスを探しているのか。

クロツヤヒメハナバチの雄も同じように地面を這い回り、雌が営巣を始めた巣穴にも侵入していた。

|

« エントツドロバチの餌の搬入 | トップページ | ムネアカハラビロヒメハナバチ »

ヒメハナバチ科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533569/45105770

この記事へのトラックバック一覧です: コガタウツギノヒメハナバチ:

« エントツドロバチの餌の搬入 | トップページ | ムネアカハラビロヒメハナバチ »