« ケリ | トップページ | コガタウツギノヒメハナバチ »

エントツドロバチの餌の搬入

Ookabafu_20090523001b

佐賀市大和町実相院で。

昔故郷の神社の壁の隙間で、多くが営巣していた。

右に見えるのが、名前の由来となる、巣の入り口。

餌の搬入や、子育ては非常にローペースで産下する卵の数も少なく、

卵は他種と比べても大きいそうだ。

|

« ケリ | トップページ | コガタウツギノヒメハナバチ »

ドロバチ科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エントツドロバチの餌の搬入:

« ケリ | トップページ | コガタウツギノヒメハナバチ »