« コクロアナバチ | トップページ | ヒメベッコウの一種の幼虫 »

初夏のリュウキュウコオロギバチ

Ryuukyuu_20090607002b

7日日曜日に撮影したリュウキュウコオロギバチ。

佐賀では晩秋によく見かけるコオロギバチで、南方系の大型種。

佐賀市大和町の県職員研修センター内の林の、草の葉上で休む。

飛び方はかなり弱々しい感じだったので、羽化後間もないのではないかと思われた。

獲物の運搬を過去7-8回観察したが、いずれも秋深まった10月下旬から11月上旬で、

いずれもクチキコオロギの幼虫や成虫であった。

ネット上のBBSで、盛夏にクチキコオロギを運ぶ写真が掲載されたことがある。

化性ははっきりしないが、5月上旬に佐賀市大和町で見たこともあり、

晩秋と初夏、盛夏に活動することは間違いないようだ。

|

« コクロアナバチ | トップページ | ヒメベッコウの一種の幼虫 »

ギングチバチ科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533569/45321162

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏のリュウキュウコオロギバチ:

« コクロアナバチ | トップページ | ヒメベッコウの一種の幼虫 »