« ベッコウバチの一種 | トップページ | アルマンアナバチの完成した巣 »

実は活動時期長いアルマンアナバチ

Aruman_20090822009b 

盆前に二つのトラップで2本、営巣していると思われた巣は、

とっくに完成していると思われたが、1つだけ完成していた。

そして別の筒で最後の仕上げを行う個体がいた。

一時閉鎖や、内部の詰め物はコケだが、入り口の完全閉鎖には、草の根や葉も使われている。

写真はシダの葉を詰め込むアルマンアナバチ。

2つのトラップでコケで一時閉鎖している筒はこの他に4本あったが、全てが営巣中かどうか分からない。

|

« ベッコウバチの一種 | トップページ | アルマンアナバチの完成した巣 »

アナバチ科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533569/46000138

この記事へのトラックバック一覧です: 実は活動時期長いアルマンアナバチ:

« ベッコウバチの一種 | トップページ | アルマンアナバチの完成した巣 »