« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

トラマルハナバチ

Toramaru_20091025001b

佐賀市富士町市川で。

アザミに来るワーカー。

夏などはむしろ日中暑い時には見かけないため、今再び多くの個体が目につくようになってきた。

活動期は長いようで、11月上旬までコロニーは維持するそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツマアカベッコウ

Tsumaaka_20091025001b

佐賀市大和町の実相院の石垣で。

獲物を探しているのか、隙間に入ったりでたりを繰り返していた。

夏と秋に発生するが、実際に何化するのかは分からない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムモンホソアシナガバチ

Mumonhoso_20091024004b

佐賀市富士町の南部工業団地。

私の会社があるところだ。

近くの空き地(企業招致のための土地だ)を囲むちょっとした林の縁の崖に、

最近営巣しているのを見かけた。

2日前までは多くの蜂がいたのだが、今日は1匹しかいなかった。

ヒメスズメバチにやられたのか、時期が時期なので解散したのか定かではない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

小型のギングチバチ

Ginguchi7_20091024001b

きょうは午後から仕事の予定で、軽く昼前から一時間余り、

大和町の実相院を探索した。

もう見かける蜂の種類も減り、日当たりのいい石垣に、蜂の姿は集中していた。

リュウキュウコオロギバチは今日も見られなかったが、

毎年この時期に石垣の隙間に堆積する土に営巣する、7ミリ前後の小型のギングチバチが営巣場所を物色し始めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムモントックリバチの営巣

Mumon_20091018011b

おなじく佐賀市大和町実相院で、営巣の続き。

ほんの数回の泥玉で、もう育房の基礎が出来てきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムモントックリバチの巣作り開始の瞬間

Mumon_20091018004b

18日日曜日佐賀市大和町の実相院の石垣で。

ムモントックリバチが営巣を開始する瞬間。

巣材の土を採取するところや、育房が出来てからの行動は、

少年のころから30余年、これまでも何度か観察できたが、

まさに巣作りを開始しようというところを撮影したのは初めて。

泥玉をくわえたこの蜂が、石垣を伝って飛んでいる姿を見、

営巣しているのはすぐ分かったが、泥玉をくわえてとまった場所には

何も無かった。

最初の泥玉を基礎となる石垣の石のへこみの縁に、塗りつける瞬間を

見ることが出来た。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オオスズメバチの豪快な狩り

Oosuzume_20091018006b

18日日曜日に佐賀市大和町の実相院で。

そろそろリュウキュウコオロギバチが活動を始めそうなので、

実相院の参道脇の石垣を眺めていたが、この日はまだ見られなかった。

その時足元にカマキリがいたが、その後あちこち見て回っている間、

少しずつカマキリが下の方に移動しているのを見かけた。

そして約3時間近く経っただろうか、そろそろ仕事に出かけようとしたその時、

オオスズメバチが地面に降り立ったのを見つけ駆け寄ると、

すでにしとめられ、何度か肉を持ち去られた後のカマキリの死骸を

オオスズメバチがむさぼっていた。

何十分か前には生きていたカマキリだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

秋のオオシロフベッコウ

Ooshirofu_20091018005b

18日日曜日、佐賀市大和町の実相院の石垣で。

ジョロウグモを枯れ草の枝に引っ掛け、この後営巣場所を探し回っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒメベッコうの一種の蜘蛛運び

Himebekkou_20091018009b

昨日18日、佐賀市大和町の淀姫神社で撮影したヒメベッコウの一種。

最近ちょくちょくヒメベッコウを見かける。

この種はやや大型で5月ごろから見られ、夏にも活動する。

この季節にはあまり見かけたことがないのだが、年複数回発生することは間違いないだろう。

閉鎖空間に営巣するが、この個体も柱の隙間に消えた。

おそらくタカチホあたりの種類だと思われる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リュウキュウコオロギバチ

Ryuukyuu_20091018003b

佐賀市大和町の実相院脇から登る山道で、

おそらく羽化後間もないリュウキュウコオロギバチの雌。

胸部の毛はまだ張り付いたようになり、少し渦を巻いたように見える。

一昨年実相院の参道脇の石垣で営巣を確認し、この界隈で営巣することが分かっている。

12月上旬くらいまで活動しているようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマトアシナガバチの巣集大成

Yamatoashinaga_20091012002b

12日に佐賀市大和町の実相院で。

ヒサカキの植え込みに営巣しているヤマトアシナガバチ。

1月半前に撮影した時と比べ、蜂の数が格段に増えている。

新女王や、雄が羽化したのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマトムカシハナバチヤドリ

Yamatomukashi_20091012007b

12日の祝日、佐賀市大和町の実相院脇から登る山道から入った空き地に

この蜂が活動していた。

秋に発生するアシブトムカシハナバチに寄生すると言われている。

アシブトムカシハナバチ自体の巣穴はまだ見たことが無い。

エサキやババムカシハナバチは、花で見たことが無いのに、

営巣場所を見つけてしまった蜂だが、最もよく見かけるムカシハナバチの

巣穴はまだ見ていない。

花のそばで、蜜も吸わずにふらふらしているこの寄生バチを見かけることがあるが、

もしかして、寄主を花で見つけて、尾行するのではないかとさえ思ったことがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤノトガリハナバチ

Yano_20091012008b

連休2日目といっても1日目も2日目も仕事をしたのだが、

11日は13時半ごろまで、12日は15時半ごろまで野山で過ごした。

佐賀市大和町の実相院の脇から登る山道を、しばらく登ると、

廃止になったのか、工事が中止になったのか分からないが、

ゴルフ場の痕跡が見られる。

ティーだったような空き地などが連なる場所に、ジガバチや萩に来るハキリバチ

など秋の蜂が見られる中、寄主の巣を探す、この蜂がいた。

探索の合間に、休憩するところを写真に収めた。

この蜂はスミスハキリバチに寄生すると思っていたし、

実際スミスハキリバチには寄生するのだが、スミスハキリバチの営巣のピークは過ぎた。

葛の花が咲く、残暑がまだ厳しい9月にやはりヤノトガリハナバチも山道の林縁に多数

活動する姿が見られた。

最近また姿を見るようになってきたが、ある文献で、スミスハキリバチやツルガハキリバチに寄生するという記述を見つけた。

今萩やキバナコスモスに多くのツルガハキリバチが訪花しているので、

この蜂に寄生するということなら、今の活動は納得できる。

しかし、気のせいかスミスの営巣期から、今までの間にヤノトガリハナバチの活動期の

間隔が少し空いたように思う。

違うそれぞれの寄主でそだったこの蜂は、年月を重ねるごとに

発生期が隔離されていく可能性などを想像してしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オオフタオビドロバチ

Oofutaobi_20091011001b

11日連休初日、佐賀市大和町のみかん山で、

ゆっくりと獲物を探す合間に葉上で一休み。

葉を綴って潜むタイプの蛾の幼虫を餌にする。

この時期、スズバチや各種トックリバチ、チビドロバチなどドロバチ科の

蜂の活動が活発になっていた。

今週もニッポンハヤバチが獲物を探す姿が見られた。

2頭一度に獲物探しをする姿も見た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シロスジフデアシハナバチの季節

Shirosujifudeashi_20091004001b

4日日曜日に佐賀市大和町で。

毎年この時期になると、多数の巣穴が見られるみかん山の空き地。

アキノノゲシに訪花する姿はあちこちで見られるが、

ここが一番規模が大きい営巣地だ。

古巣をリュウキュウコオロギバチが利用する姿も見たことがある。

火山のように隆起した、掘り出された土塊が、多い時期には200近く見られる。

花粉採取に出かける前に外の様子を見る蜂。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニッポンハヤバチの獲物探し

Nippon_20091004002b

4日日曜日に佐賀市大和町のみかん山で撮影。

昨年も10月に獲物を探して草から草を探すこの蜂を見た。

ササキリなどのキリギリスの仲間を狩ると思われる。

この蜂の仲間では、活動期が最も遅い。

いつか営巣活動を見たい蜂だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤノトガリハナバチ

Yono_20091004004b

佐賀市大和町の実相院、どんぐりが落ちている参道の石垣の脇で。

スミスハキリバチの巣に労働寄生すると言われているが、

寄主の活動は、ピークを過ぎている。

スミスハキリバチの営巣最盛期には、すぐ近くの山道の脇の林縁に

多くの個体が、巣穴を探す様子が見られた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »