« シロスジフデアシハナバチ | トップページ | クロスズメバチ »

ナミコオロギバチ越冬前

Namikoorogi_20091115003b

年中で最も長い期間見られる蜂の一つ。

15日日曜日、佐賀市大和町のみかん山の空き地で。

かなり大型の個体で遠目にはリュウキュウの小型の個体かと思った。

18ミリはあっただろうか。

成虫態で越冬するが、真冬でも小春日和には活動する。

本当の冬眠状態とは違うのかも知れない。

この一族が南方系の種類であることも関係しているのかも知れないとよく考える。

|

« シロスジフデアシハナバチ | トップページ | クロスズメバチ »

ギングチバチ科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533569/46806353

この記事へのトラックバック一覧です: ナミコオロギバチ越冬前:

« シロスジフデアシハナバチ | トップページ | クロスズメバチ »