« ハラナガコハナバチの雄 | トップページ | ツユムシの仲間? »

タラの木

Tara

23日佐賀市大和町の実相院の脇から登る山道で撮影。

春には新芽を採り、天ぷらなどにして楽しむ山菜の王様と呼ばれる、

いわゆる「ダラの芽」の木タラの木。

よく林縁で見られるのはせいぜい2-3mまでの若木で、春に新芽が出ると、

あっという間に愛好家に芽を摘まれてしまうのだが、この木は幹の直径20センチほどもあり、

高さは6-7mまで伸びた「巨木」で、こんな大きい木は見たことがない。

しかし棘はちゃんとある。

この木一本から何食分のダラの芽が採れるだろう。

|

« ハラナガコハナバチの雄 | トップページ | ツユムシの仲間? »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タラの木:

« ハラナガコハナバチの雄 | トップページ | ツユムシの仲間? »