« ニッポンヒゲナガハナバチの雄 | トップページ | ヤマトハキリバチの葉切り »

ヤマトハキリバチの葉の搬入

Yamatohakiri_20100425003b

ハキリバチの仲間では、最も早く活動を開始するヤマトハキリバチ。

今年も佐賀市大和町の実相院で営巣を開始した。

参道の石段の脇に石垣があるが、その隙間に堆積した土を堀り、

葉片を使って育房を作り、中に花粉と蜜の比較的粘度の低い餌を蓄え、

産卵する。

近くのカエデの木から葉を採って来る。

|

« ニッポンヒゲナガハナバチの雄 | トップページ | ヤマトハキリバチの葉切り »

ハキリバチ科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533569/48180051

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマトハキリバチの葉の搬入:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/04/26 09:10) [ケノーベル エージェント]
佐賀市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年4月26日 (月) 09時11分

« ニッポンヒゲナガハナバチの雄 | トップページ | ヤマトハキリバチの葉切り »