« チビヒメハナバチ | トップページ | クマバチの雄のホバリング »

イマイツツハナバチ

Imai_20100411001b

国産のツツハナバチの中では一番小さい。

佐賀市大和町の田で、レンゲの花を訪れる。

この花を最も嗜好するので、レンゲ畑ではよく見ることが出来るが、

どこに営巣しているのか、なかなか見つけることが出来ない蜂だ。

地上既存坑に営巣し、花粉と蜜で団子を作り産卵するが、育房の隔壁は植物の葉を噛み砕いたもの。

|

« チビヒメハナバチ | トップページ | クマバチの雄のホバリング »

ハキリバチ科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533569/48060680

この記事へのトラックバック一覧です: イマイツツハナバチ:

« チビヒメハナバチ | トップページ | クマバチの雄のホバリング »