« ベッコウバチの一種 | トップページ | キマダラハナバチの一種 »

ハムシドロバチの一種

Hamushi2_20100516015b

体長10ミリ前後の大型のハムシドロバチ。

佐賀市大和町の実相院で。

毎年サイジョウハムシドロバチより少し遅れて現れるが、同じような柱の穴に営巣する。

今日は営巣場所を探す個体を、根気よく追跡していると、戸の桟に開いた小さな穴に

執着し始め、3度ほど定位飛行をして帰巣することを繰り返し、泥の団子を2回搬入した。

奥か脇の余計な穴を塞いだのだろう。

その後もう一度定位飛行をして、2-3分後に戻り、後ろ向きに穴に入ると産卵をすませた。

サイジョウハムシドロバチでも同じように、営巣場所を決定した後定位飛行をし、

一端穴を離れてから産卵するのを観察したことがある。

1時間ほど外出して手ぶらで帰巣してから、20分ほどでフジハムシの幼虫を狩ってきて搬入した。

その後も10分から20分の間隔で数m離れたナツフジの狩場まで往復してフジハムシの幼虫ばかりを狩って帰ってきた。

4度の搬入を観察してその場を離れた。

|

« ベッコウバチの一種 | トップページ | キマダラハナバチの一種 »

ドロバチ科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハムシドロバチの一種:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/05/17 09:01) [ケノーベル エージェント]
佐賀市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年5月17日 (月) 09時01分

« ベッコウバチの一種 | トップページ | キマダラハナバチの一種 »