« オオモンクロベッコウ | トップページ | ミツクリフシダカヒメハナバチの夏型 »

ヒメスズメバチ

Himesuzume_20100613007b

先日から観察しているヤマトアシナガバチの巣が、とうとうこの蜂に襲われた。

13日日曜日、佐賀市大和町の実相院で。

他のスズメバチより少し遅れて活動を始めるヒメスズメバチは、幼虫の餌としてアシナガバチの幼虫や蛹を嗜好する。

ミツバチを狩ることを示唆する報告もあるようだが、定かではない。

ほとんど成長した幼虫や蛹は残っておらず、残された小さな幼虫を引き出した。

肉団子にして持ち帰ったりはせず、その場で体液を吸い尽くしてから、帰途に着く。

近くの参道脇の石垣の方に飛んでいったので、おそらく営巣しているものと思われる。

この界隈ではよく営巣しているのが見られる。

|

« オオモンクロベッコウ | トップページ | ミツクリフシダカヒメハナバチの夏型 »

スズメバチ科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒメスズメバチ:

« オオモンクロベッコウ | トップページ | ミツクリフシダカヒメハナバチの夏型 »