« ナミツチスガリ | トップページ | ババムカシハナバチ »

エントツドロバチの天敵

Entotsu_20100613006b

ヒメバチの一種。

佐賀市大和町の実相院で13日日曜日に撮影した。

雨時々曇りの予想だったが、思ったよりも雨が降らなかったので、

昼前に少し散策した。

この日のエントツドロバチはあまり出入りが観察できず、

一度獲物を搬入するところを見た以外は、このような蜂の接近を赦していた。

この蜂は入り口の近くの泥の壁に産卵管をつきたて、産卵を試みていたが、

結局おそらく産卵せずに飛び去った。

|

« ナミツチスガリ | トップページ | ババムカシハナバチ »

その他の昆虫」カテゴリの記事

コメント

いつもながら凄い生態写真ですね!
この寄生蜂は主の留守中でも巣内に入れないのでしょうか。
だとしたら煙突の形状に意味がありそうですね。

投稿: しぐま | 2010年6月16日 (水) 19時23分

しぐま様、ありがとうございます。
この蜂、別館のBBSに投稿頂いた、スズバチの巣から羽化した
ヒメバチに似ている気がしますね。

この蜂は、エントツドロバチの巣を探し当てると、入り口を探ることなく
壁に産卵管を突きたて始めました。
おそらくこれが、この蜂寄生行動のスタンダードなのだと思います。

投稿: ヒゲおやじ | 2010年6月20日 (日) 17時15分

言われてみると確かにキアシオナガトガリヒメバチと似てますね。
(気づきませんでした…)
無理に巣に侵入しても長い産卵管の取り回しに困ってしまいそうですね。

投稿: しぐま | 2010年6月24日 (木) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エントツドロバチの天敵:

« ナミツチスガリ | トップページ | ババムカシハナバチ »