« イスカバチの一種 | トップページ | キボシアシナガバチ »

ウツギノヒメハナバチ

Utsugi_20100530006b

先日の30日日曜日に佐賀市富士町市川山道の脇で。

夕刻に巣に戻ってきた雌。

少し標高が下のところ(会社の近くなど)ではウツギ(うの花)が咲き誇っていて、

この蜂の営巣活動も盛況になっているようだが、このあたりではようやく巣穴が出来始めたところのようだ。

ヒメハナバチではよく見られるが、帰巣したのに巣穴が埋まっていて、

入り口を掘りなおすとろろ。

|

« イスカバチの一種 | トップページ | キボシアシナガバチ »

ヒメハナバチ科」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
蜂の事を調べていましたらこちらにたどり着きました
蜂の種類の多さにびっくりです
画像投稿掲示板には蜂の画像を貼らせていただきました、
蜂の名前を教えて下さい
昨日、団子のようなものを丸めて少しずつ巣に入れていたのですが
エサでしょうか?アブラムシでしょうか?
いつも一匹で育てているようです。そういう種類なんでしょうか?
わからない事だらけです。゜゜(´□`。)°゜。
いろいろ教えていただけないでしょうか、よろしくお願いいたします

投稿: ぴっぴ | 2010年6月 3日 (木) 08時44分

こんばんは。
コメントありがとうございます。
写真の蜂はアシナガバチの一種ですが、シーズンの初めには、
女王蜂一匹で巣を作り、働き蜂を育てます。
秋までに次の年にまた巣を作る新しい女王蜂を育てるために
家族で子育てします。
もっともこのような蜂は少なく、一匹で子供を育てるか、餌に卵を産みっぱなしにする蜂が
ほとんどなのです。
興味がおありでしたら、HPを少しずつでもご覧になってください。

投稿: ヒゲおやじ | 2010年6月 3日 (木) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533569/48528660

この記事へのトラックバック一覧です: ウツギノヒメハナバチ:

« イスカバチの一種 | トップページ | キボシアシナガバチ »