« 11月のキボシトックリバチ | トップページ | キイロスズメバチ »

ツマアカベッコウの営巣

Tsumaaka_20101107011b

今日も青空が広がり、残り少ないシーズンを無駄にせずに日曜日を過ごせた。

大和町の実相院をしばらく見てから富士町市川に行き、再びここ実相院の石垣で

しばらくあたりを眺めていると、石段の脇にこの蜂が舞い降り、蜘蛛を運び始めた。

先日と同じ様に、2度ほど石垣の石の上に置きなおし、営巣場所を確認しているようだったが、

特定の場所にそれほど執着する様子を見せないまま、石垣の隙間に蜘蛛を引き入れた。

Tsumaaka_20101107049b 

隙間から暗い中の様子を伺いながら写真を撮ったが、隙間から入って10センチほどのところに堆積した土を掘っている様子だった。

その間、何度も蜘蛛との間を行き来し、ファインダーから覗いて見た感じでは、

掘り進めながら、何度か蜘蛛を試しに運び入れるような動きに見えた。

すりばち状に浅く掘ったところに蜘蛛を運んできた写真がこれだ。

Tsumaaka_20101107055b

産卵しているところ。

Tsumaaka_20101107059b

蜘蛛の上からじかに土をかけて埋めはじめる。

Tsumaaka_20101107084b_4

蜘蛛を完全に多い尽くした後、土をつき固める。

他のベッコウバチと同じ様に、尾端をハンマーの様に使う。

Tsumaaka_20101107098b_3

蜘蛛の腹部の腹面に産み付けられた卵。

|

« 11月のキボシトックリバチ | トップページ | キイロスズメバチ »

クモバチ科」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございます。
会心の観察だったのではないでしょうか。

投稿: しぐま | 2010年11月 8日 (月) 05時56分

しぐま様、ありがとうございます。
現地に着いて間もなく、本当に視聴予約をしていた様なツマアカ劇場でした。
このような石の隙間に営巣するこの蜂の営巣行動を少しでも観察できることは、
幸運でしかないと思います。
リングフラッシュとかを使えばもう少しましな写真になったと思いますが、贅沢は言いません。
しかし石垣の上に中腰でストロボの光がうまく入る角度を考えながら、シャッターを押し続けた為、
今日は太ももがパンパンでした。

投稿: ヒゲおやじ | 2010年11月 8日 (月) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533569/49965131

この記事へのトラックバック一覧です: ツマアカベッコウの営巣:

« 11月のキボシトックリバチ | トップページ | キイロスズメバチ »