« みかん山の蜂 | トップページ | ニホンミツバチと春の木の花 »

ヤヨイヒメハナバチ

Yoayoi_20110313001b

佐賀市大和町の実相院の裏山。

今日は先日拾ったカタツムリの殻を、山道沿いに仕掛けた。

マイマイツツハナバチの営巣を促す仕掛けだ。

当のマイマイツツハナバチは1頭が、仕掛けた殻をうかがい

立ち寄ったが、雄か雌かも分からなかった。

小型で赤褐色の毛をもつイマイツツハナバチは、みかん山の方で

空き地の陽だまりを求め早くも雌が姿を現していた。

この山ではヒサカキの独特の匂いが、山全体にほのかに漂い、

春の訪れを告げていた。

散策中足元の草の葉にヤヨイヒメハナバチの雌がとまった。

すでに後肢には花粉を付け、営巣を開始している。

少し寒さが緩んだと思うと、毎年気がつくとこの蜂は営巣をはじめている。

|

« みかん山の蜂 | トップページ | ニホンミツバチと春の木の花 »

ヒメハナバチ科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533569/51111438

この記事へのトラックバック一覧です: ヤヨイヒメハナバチ:

» ケノーベルからリンクのご案内(2011/03/14 09:05) [ケノーベル エージェント]
佐賀市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2011年3月14日 (月) 09時05分

« みかん山の蜂 | トップページ | ニホンミツバチと春の木の花 »