« トゲアシクモバチの一種 | トップページ | ナミコオロギバチ »

リュウキュウコオロギバチ5月の営巣

Ryuukyuu_20110504007b

佐賀市大和町の実相院。

多くの蜂の活動を見せてくれる土塀と、この石垣。

10月下旬から11月にかけて営巣することは確認していたが、

5月にも姿を見せるこの蜂が、間違いなく営巣活動もしていることが

確認できた。

ヤマトハキリバチの観察には少し早いことを確認し、何気なく石垣を

見ていると、黒いコオロギバチが石垣の隙間を探るように飛んでいるのを

見つけ、ナミコオロギバチが獲物を探しているのか、営巣場所から出かける

時の定位飛行だろうと思いながら、その場所でしばらく張っていた。

たまたまその近くに営巣していて、獲物を持って帰ってきたのが、

このリュウキュウコオロギバチだ。

やはり獲物はクチキコオロギのようだが、小型の若齢幼虫だ。

クチキコオロギは成虫になるのに2年かかるそうで、この時期大型の

幼虫がいないのかもしれない。

Ryuukyuu_20110504008b

カメラを構える私の周りをうろうろした後、石垣の隙間に

コオロギを運び込む。

隙間に堆積した土の既存坑に営巣しているのだろう。

Ryuukyuu_20110504017b

約15分後に再び小型のクチキコオロギの幼虫を狩って

帰ってきた。

Ryuukyuu_20110504020b

さらに1時間近く待った後戻ってきたが、手ぶらだった。

この蜂はよく手ぶらで巣に戻る。

獲物を運ぶ様子を観察したのは2007年11月以来。

2005年に初めて見てから7-8回は観察したが、

おそらく全てクチキコオロギだったと思う。

|

« トゲアシクモバチの一種 | トップページ | ナミコオロギバチ »

ギングチバチ科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533569/51579786

この記事へのトラックバック一覧です: リュウキュウコオロギバチ5月の営巣:

« トゲアシクモバチの一種 | トップページ | ナミコオロギバチ »