« シロスジヒゲナガハナバチ | トップページ | トラマルハナバチ女王 »

コマルハナバチのワーカー

Komaru_20110504001b

佐賀市富士町で。

発生する個体数が年によって増減するイメージがあるし、

発生する時期もかなり早かったり遅かったりする感があるが、

なんだかんだ言っても5月の連休のころにはワーカーが

現れる。

ツツジの花にもぐり込むワーカーだが、初期のものは

栄養状態が悪いのか非常に小さい。

ウツギの花の頃にはだいぶ大きくなるが、その頃には雄も現れる。

|

« シロスジヒゲナガハナバチ | トップページ | トラマルハナバチ女王 »

ミツバチ科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コマルハナバチのワーカー:

« シロスジヒゲナガハナバチ | トップページ | トラマルハナバチ女王 »