« キンモウアナバチ | トップページ | ツマアカクモバチ発生 »

お盆明けのフクイアナバチ

Fukui_20110828003b

佐賀市富士町市川で。

7月下旬ごろには営巣を開始するこの蜂の、今年の活動は

少し遅かったように感じた。

同じ山道の中で営巣地が時期によって少しずつ移動していく。

まだ営巣活動をしていたこの蜂の巣穴の数はまだ10は有りそうに見えた。

営巣地のすぐ近くにある栗の木の葉を探る。

葉が重なっているようなところは入念に探す。

獲物のハネナシコロギスは、葉を綴り棲家にするからだ。

Fukui_20110828021b

獲物のハネナシコロギスをくわえて帰巣する。

4-5頭が帰巣する姿を見たが、巣穴は雑草の陰にあり、

棚田のイノシシよけの柵の向こうだったりして、撮影できなかった。

この個体も巣穴を見失ったようで、同じ場所でうろうろしていた。

|

« キンモウアナバチ | トップページ | ツマアカクモバチ発生 »

アナバチ科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533569/52648708

この記事へのトラックバック一覧です: お盆明けのフクイアナバチ:

« キンモウアナバチ | トップページ | ツマアカクモバチ発生 »