« ミイロツメボソクモバチ | トップページ | お盆明けのフクイアナバチ »

キンモウアナバチ

Kinmou_20110821005b

佐賀市大和町の実相院の境内で。

いつもの様に、ボタッと大きな落下音と共に獲物を狩って戻ってきた。

クダマキモドキの幼虫だろうか。

2-3年前から、この寺の境内に営巣する数が増えてきたようだ。

近くの與止姫神社の脇の嘉瀬川の土手に、大規模な営巣地があったが、

裸地の減少からか、若干数が減ったように思う。

こちらに流れてきたためなのか。

Kinmou_20110821006b

巣穴の方に運んでいく。

クロアナバチのように出かけるたびに巣穴を塞がないので、

穴の傍らに獲物を置き、先に巣穴に入ると、今度は頭から出てきて、

逆さに引きずり込んでいく。

|

« ミイロツメボソクモバチ | トップページ | お盆明けのフクイアナバチ »

アナバチ科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533569/52534274

この記事へのトラックバック一覧です: キンモウアナバチ:

« ミイロツメボソクモバチ | トップページ | お盆明けのフクイアナバチ »