« ツマアカクモバチ発生 | トップページ | スズバチ »

アナバチ2態

Kinmou_20110904002b

佐賀市大和町の実相院の境内で。

巣穴から土を掘り出すキンモウアナバチ。

向かいの與止姫神社の脇の嘉瀬川の土手にも営巣地があり、

いつも7月下旬には営巣のピークを迎える。

ここは少し遅れ気味に営巣時期を向かえ、9月に入った今日も、

巣穴を掘る個体が見られた。

ただ台風の影響で、ぐずついた天気だったので、獲物の搬入をする

姿は見られなかった。

Kinmou_20110904003b

キンモウアナバチの、ぽっかり明いた大きな巣穴。

15ミリを超えるだろうか。

Kuroana_20110904001b

こちらはクロアナバチ。

同じ場所で作られた巣穴。

2つ開いたのは偽穴で、その中央あたりに本当の巣穴がある。

獲物の搬入のたびに入り口の方を少しだけ土で埋めるので、

寄生昆虫などの侵入を防ぐと言われる。

Kuroana_20110904002b

巣穴から土を運び出すクロアナバチ。

同じ実相院の境内で。

|

« ツマアカクモバチ発生 | トップページ | スズバチ »

アナバチ科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533569/52648880

この記事へのトラックバック一覧です: アナバチ2態:

« ツマアカクモバチ発生 | トップページ | スズバチ »