« イスカバチの一種 | トップページ | コクロアナバチ営巣 »

今週のオオトゲアワフキバチ

Ootogeawafuki_20120526012b

今日も少し大和町へ寄ってから、11時ごろから富士町の会社の近くで、
この蜂を観察した。
今日も多くの個体が頻繁にアワフキバチの幼虫を狩っていた。
道の脇の斜面の、下草を刈った後が獲物を見つけ易いのか、
他の場所よりよく訪れるようだ。
先々週から狩りが続いているようだが、いったい何匹アワフキムシの幼虫がいるのかと
思うほどどんどん狩っていく。
今日は少し狩りの手順が見られた。
蜂は主にセイタカアワダチソウやヒメジョオン、ヨモギなどの菊科の植物の根元に作られた、
アワフキムシの幼虫の泡を見つけるや、泡の中を探り、その裏側や下まで潜り込み、
幼虫の存在を確認する。
気が付くと獲物を狩って、その草を伝って登ってくる。
あるいは泡に到達すると同時に腹部の先端を泡に差込み、いきなり麻酔を施し、
泡の中から獲物を引き出す。
背の低い草の上を泡の有無を確かめながら飛んでいた蜂が、姿が見えなくなったと思うと、
十数秒で獲物を持って草の間から現れ、飛び去っていく。

先日の投稿の表題を変更したが、今日撮った写真で確かめ、さらに体長も15ミリを超えるものが多くいることから、オオトゲアワフキバチだろうということにした。

|

« イスカバチの一種 | トップページ | コクロアナバチ営巣 »

ドロバチモドキ科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533569/54806442

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のオオトゲアワフキバチ:

« イスカバチの一種 | トップページ | コクロアナバチ営巣 »