ドロバチ科

フタスジスズバチ

Futasujisuzu_20140629003

昨日はニイニイゼミが鳴いた。


まだ梅雨の晴間だが、だんだん夏は近づいてきている。


昨日今日と佐賀市富士町の市川の棚田の合間を縫って山を登った。


トラップに昨日からフタスジスズバチが出入りしていたので、今日は獲物の搬入を狙ってみた。

3度ほど獲物を搬入したが、2度に1度は手ぶらで帰巣するなど非常にゆっくりの営巣だ。


来週はキバネアナバチ用のトラップを用意してシーズンに備える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイジョウハムシドロバチ

Saijouhamushi_20120513005b

佐賀市大和町の実相院で。

昨日仕掛けておいた細い竹筒に、早速営巣を始めた。

ゾウムシの幼虫を狩り、搬入する。

数分おきに帰巣していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キボシトックリバチ

Koboshitokkuri_20110925008b

佐賀市富士町上熊川の工業団地の空き地で、

巣材の土を採る。

冬を越すこととなる今の時期の巣は、地面近くの石などに作られる。

スズバチとこの蜂は育房を複数まとめて作る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オオフタオビドロバチの巣材採り

Oofutaobi_20110924003b

佐賀市大和町の実相院の裏山で。

山道の地面で土を団子状に丸める。

普通種中の普通種だが、こういうところは結局撮影してしまう。

民家の周りの既存坑を利用して営巣すると思っていたが、

佐賀の山の中に竹筒トラップを仕掛けると、あっという間に営巣する。

営巣環境や、獲物を選ばないところに、この種の繁栄の理由があるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スズバチ

Suzu_20110904006b

佐賀市大和町の実相院で。

多種の蜂が活動する舞台になる古い土塀の下で、巣材の調達。

通常乾いた土を唾液で柔らかくして採取するが、この日は雨上がり

だったので、土はもともと湿っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エントツドロバチ

Entotsu_20110814002b

兵庫県姫路市の書写山で。

佐賀では盆に見ることはないが、ここではまだ活動している。

古い土塀から巣材の土を採る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナミカバフドロバチ

Namikabafu_20110814007b

兵庫県姫路市の書写山で。

古い土塀の土を採取する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エントツドロバチ

Entotsu_20110718003b

佐賀市大和町の職員研修センターの植え込みで。

獲物を狩ったばかりの雌。

台風前の強風にあおられ、飛び立ったあとにまた舞い戻った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エントツドロバチの餌搬入

Entotsu_20110710005b

今日はエントツドロバチの餌搬入が活発に行われた。

佐賀市大和町の実相院では、先日から新しいエントツが古巣に付けられ、

営巣の開始を確認していたが、蜂の出入りはあまり見られなかった。

天候に恵まれた今日は、餌の搬入を5-6度見ることが出来た。

随時給餌をするといわれるこの種は、餌の搬入を高い頻度で見られることは少ないと思っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キオビチビドロバチ

Kiobichibidoro_20110515007b

これも会社の裏で。

よしずに営巣していたキオビチビドロバチ。

小さな蛾の幼虫を搬入する。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧